|仕出し割烹やまのべ|創壽庵 やまのべ|仏事の知識
トップページ
「法事を行う時期 初七日:命日から7日目に行う最初の法事
二七日(ふたなのか):27日目ではなく14日目に行う法事。
三七日:21日目に行う法事。
四七日:28日目に行う法事。
五七日:35日目に行う法事。
六七日:42日目に行う法事。
七七日:49日目に行う法事。(一般的に49日と呼ばれる法事)
百か日:命日から100日目に行う法事。
一周忌:命日から一年後に行う法事。
三回忌:3年後ではなく2年後に行う法事。
      (没年を一年目に数えるために○回忌は○マイナス
       1年後に行う。)
七回忌:没年より6年後に行う法事。
十三回忌:没年より12年後に行う法事。
十七回忌:没年より16年後に行う法事。
二十三回忌:没年より22年後に行う法事。
二十七回忌:没年より26年後に行う法事。
三十三回忌:没年より32年後に行う法事。
五十回忌:没年より49年後に行う法事。
百回忌:没年より99年後に行う法事。

※普通百回忌まで行うことはありません。
法事を行う日 法事を行う日は正式には例えば一周忌であれば没年の翌年の命日ということになりますが、命日が平日である場合などは命日より前の都合のよい日に法事を行う場合が多いです。

例)
命日が月曜日の場合は二日前の土曜日に法事を行うなど、必ず命日より前の日を選ぶようにしてください。

基本的には3回忌までは全員に連絡を取るわけにはいかないでしょうから、命日の前の土曜日などで構わないと思います。7回忌以降の法事は親族のみで行われることが多いので、親族の方と連絡を取って都合のよい日にするとよいでしょう。
法事の弔い上げ 実際に百回忌を行うことは余りありません。
大抵の場合は三十三回忌か五十回忌を最後の法事とし、これを弔い上げと呼びます。
弔い上げをする際にお寺に永代供養してもらい、供養や管理などをお寺に任せることも多いようです。
法事の挨拶 法事の挨拶は法事の際に施主が参列者の方に対して行う挨拶で基本的な構成は

1.出席のお礼

2.故人が亡くなってから自分たちを支えてくれたことに対するお礼

3.食事について

4.結びの言葉

となります。終わりの挨拶については例文をほぼそのままでいいかと思います。
法事の挨拶の例文
・はじめの挨拶
本日はお忙しい中、亡き父の一回忌にお越しいただき誠にありがとうございます。

父が亡くなってから一年、何とかやってこれたのもここにいらっしゃる皆様のお力添えがあったからです。ただ唖然としていた私たち家族を支えてくださったことに心から感謝いたします。

本日はささやかではありますがお食事の用意をさせていただきました。亡き父の思い出話などをお話いただきながらくつろいでもらえれば、と思います。本日はお集まりいただき誠にありがとうございました。
・終わりの挨拶
まだまだお話は尽きないと思いますがそろそろ時間になりましたのでお開きにしたいと存じます。今後とも変わらぬお付き合いをお願いいたします。本日は本当にありがとうございました。
法事の案内状 身内だけで法事を行う場合には必要ありませんが、個人に縁の深いご友人などを招待する際には案内状を贈る必要があります。

また多くの場合食事会や弁当の注文などをすることになるので出席・欠席の確認が必要ですので、これらの確認をする場合には返信用の封筒を同梱するようにしましょう。
法事の案内状の書き方
1.拝啓

2.時候の挨拶

3.個人の家族の近況など

4.来たる○月○日に亡き○○(俗名)○○(戒名)の三回忌を迎えるにあたり心ばかりの法要を相営みたいと存じます。つきましては生前ご親交を賜れました方々にご臨席を仰ぎ、ご焼香いただきたくお願い申し上げます。

5.日時、場所

6.また、法要の後で粗餐を用意しておりますので、そのご予定でおいでくださいますよう、お願い申し上げます

7.なお、故人の遺志により、霊前お供物などの儀はかってながらかたく辞退させていただきます。 (供物等を断る場合)
法事の案内状を出す時期、返事をする時期
法事の案内状を出す場合は最低でも法事の一ヶ月前、できれば余裕を持って法事の二ヶ月程度前に送るようにしましょう。特に案内状にて出席・欠席の返信をお願いしている場合は指定してある期限の三週間前には届くように送るのがマナーです。

案内状を送られた側は特に用事が無ければできるだけ出席するようにし、また出席・欠席の返事はなるべく早く出しましょう。
お布施・供物料 法事のお布施の金額

法要でお経を上げていただいたお坊様に渡すお布施ですが大抵の場合金額を尋ねても「お気持ちですから」と金額を教えてもらえないことが多いと思います。

お布施の相場は3〜5万円程度、お布施とは別にお車代、御膳料としてやはり1〜3万円程度です。お布施とお車代・御膳料は別々に包んだほうがいいです(お車代・御膳料は一緒に渡す場合は一つの包み)。

これは私の経験談ですが祖父の葬式の際、お坊様は父が車で迎えに行ったのですがやはりお車代は包んだほうがよいとのことでお車代を1万円ほど包んだそうです。なお、お坊様が食事を召し上がった場合はお膳料は不要だと思います。

法事の供物料の金額

法事の参列者が渡す供物料の金額の相場は

一般的にはお葬式の香典の半額程度といわれていますが、お食事等が用意されている場合には最低でも5千円は払うようにしましょう。

相場としては親族でない場合は5千〜1万円程度、親族であれば1〜3万円程度です。

供物料を渡すときのマナーとして喪主や家族の方に「御仏前にお供えください」などと言って渡すようにしましょう。

供物料は身内だけの法事の場合などについては、必要ない場合もあります。

身内ではなく案内状が届いた場合などは、案内状に供物料が必要ない旨がかかれていない場合は供物料を用意したほうがいいでしょう。

メール
TOPページ ご会食料理 配達エリア みんまの知識 会社概要
ご法要料理 慶事の知識 アクセス
お寿司・オードブル 法事の知識
行楽弁当・お花見料理 個人情報のお取扱い
みんま料理 リンク
介護施設・病院向け料理
おせち料理
Catering・Lunchon
ちりめん山椒
Copyright (c) 2006 Yamanobe All Rights Reserve