|仕出し割烹やまのべ|創壽庵 やまのべ|みんま(巳正月)の知識
トップページ
「巳正月」は愛媛県東・中予地方に伝わる伝統行事
今年亡くなった人の正月、巳正月とも呼ばれ、「みんま」は、5〜600年前から続く愛媛独特の慣習です。12月の第1巳の日または、第2巳の日に近親者が集まり、亡くなった人のために、12月に入った巳と午の日にかけてお正月を迎えます。また、東予地方では、辰の日に行われるため「辰巳」とも呼ばれています。この行事の由来は、戦国時代、高縄半島を中心に勇猛を誇った武将たちの出陣の祈りで、生きて祝えないかもしれない正月を一足早く12月の巳の日に祝ったという説、秀吉の朝鮮出兵の帰途、高浜町の海岸で、戦死した兵士を弔うために餅をつき、それを朝鮮に向けて供え、一切無言で皆が竹に餅をさして食べた慣習が残ったのだという説が有力です。
「みんま」のやり方、準備する物はそれぞれの地方や家によって若干異なりますが、一般的な方法は次の通りです。
「準備する物」 ●餅/大(自宅祭壇用)・小(墓地用)
●しめ飾り/2組(自宅祭壇用・墓地用)
●山草・葉付みかん/各4個
●つえ・御霊具膳(自宅祭壇用)/雑炊
「方法」 自宅に法事用の祭壇を設け、ご位牌をまつり、餅(大)、しめ飾り、御霊具膳とお菓子、果物等をお供し出席者全員にお参りします。(仏壇で行ってもかまいません)墓地に行き清掃し、餅(小)、しめ飾り一式(自宅のしめ飾りも持って行きます)、つえ、草履を飾りお参りします。

その後、しめ飾り(両方)、つえ、草履を燃やし、餅を焼き、出席者で引っ張りながら切り食べます。

お墓参り終了後、参加者に対して飲食でおもてなしをします。
「ご参考」 ●お墓がない場合は、玄関先で行う場合があります。
●御寺院様のお呼びする必要はありません。
●表書きは「御仏前」が一般的です。
メール
TOPページ ご会食料理 配達エリア みんまの知識 会社概要
ご法要料理 慶事の知識 アクセス
お寿司・オードブル 法事の知識
行楽弁当・お花見料理 個人情報のお取扱い
みんま料理 リンク
介護施設・病院向け料理
おせち料理
Catering・Lunchon
ちりめん山椒
Copyright (c) 2006 Yamanobe All Rights Reserve