|仕出し割烹やまのべ|創壽庵 やまのべ|慶事の知識
トップページ
「お七夜」 「お七夜」生まれて7日目のお祝いです。別名、命名の祝いとも言われこの日に名前をつける習慣があります。奉書紙などに、名前、生年月日を書き出し、目立つところに貼り出して、内々でお披露目をします。
「お宮参り」 赤ちゃんが生まれて初めて氏神様にお参りし、氏子として認めていただく行事です。お参りする日は、地方によって異なりますが、普通、男の子は31日目、女の子は32日目とされています。
「お食い初め」 箸ぞろえ、箸初めとも言って、一生食べ物に不自由しないようにとの願いを込めて、生後100日目頃に行います。赤ちゃんのために尾頭付きの魚やお赤飯などのごちそうをつくり、食べさせる真似をします。
「初節句」 初めての節句を「初節句」と言います。男の子は5月の端午の節句、女の子は3月3日の桃の節句に、祖父母などを招いてお祝いします。
「帯解きの祝い」 7歳になった女の子が、着物の付紐をとり、帯を締めるお祝いです。七五三と兼ねています。
「七五三」 男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の11月15日に、新しい着物を着て、氏神様にお参りし、成長を祝う行事です。この日の縁起物の千歳飴は、その細い長い形に、長く幸せが続くようにとの願いが込められています。
「成人式」 満20歳になったことを祝う儀式です。
「帯祝い」 妊娠五ヶ月の安定期に入ると、戌の日を選んで、安産を願って岩田帯を贈り、それをつけるお祝いをします。
「結婚記念日」 1年目「結婚式」、2年目「綿婚式」、3年目「革婚式」、4年目「書籍婚式」5年目「木婚式」、6年目「鉄婚式」、7年目「銅婚式」、8年目「青銅婚式」9年目「陶器婚式」、10年目「アルミ婚式」、11年目「銅鉄婚式」12年目「絹・麻婚式」、13年目「レース婚式」、14年目「象牙婚式」15年目「水晶婚式」、20年目「磁気婚式」、25年目「銀婚式」30年目「真珠婚式」、35年目「翡翠・珊瑚婚式」40年目「ルビー婚式」45年目「サファイヤ婚式」、50年目「金婚式」、55年目「エメラルド婚式」60年目「ダイヤモンド婚式」
「厄年」 陰陽道で、男性は数え年の25歳、42歳、60歳。女性は19歳、33歳。本厄の前年を前厄、後の年を後厄と言い、諸事万端慎むべき年とされています。また、男性の42歳、女性の33歳は大厄と言われ、特に大きな厄を受けやすい年とされています。厄年は迷信ではありますが、精神的にも肉体的にも節目にあたる年です。お祝い事ではありませんが、前向きに捉えて対処しましょう。
メール
TOPページ ご会食料理 配達エリア みんまの知識 会社概要
ご法要料理 慶事の知識 アクセス
お寿司・オードブル 法事の知識
行楽弁当・お花見料理 個人情報のお取扱い
みんま料理 リンク
介護施設・病院向け料理
おせち料理
Catering・Lunchon
ちりめん山椒
Copyright (c) 2006 Yamanobe All Rights Reserve